葬儀の種類

樹木葬ってどんな葬儀?

樹木葬は自然葬の一種で、一般的なお墓のように墓石を建てるのではなく、樹木を墓標に見立ててその下や周囲に納骨もしくは散骨する方法で行います。

生命を終えた後は木々の懐に抱かれて大自然に回帰したいという望みを叶える埋葬形式として、近年全国の寺院や霊園で樹木葬区画が新たに設けられるようになっています。墓標にする樹木は多種多様で、生前に選んだ自分の好きな樹木が植えられる霊園施設もあれば、桜のみに統一しているところやバラがメインになっているガーデニング霊園などもあります。

いずれの樹木葬区画も、従来の墓石が並ぶ墓地とは一線を画した景観の良さも人気のポイントとなっており、季節の良い時に花見がてら見学に訪れて購入を決める人も少なくありません。樹木葬は費用面においても現代人のニーズにマッチしており、従来のお墓よりもはるかに安価に埋葬できる点こそが、最大の魅力となっています。

樹木葬の費用は?

一般的なお墓の場合、地価の違いで総額が変わってくるものの、最も費用がかかるのは墓石であることには変わりがなく、墓石の代わりに樹木にするだけでもかなり安価に抑えることができます。

樹木葬の中にも埋葬方法の違いで価格に少なからぬ違いがあり、一般的な墓地のように個別の墓所区画に納骨して墓標として樹木を植えるほか、1本の樹木や寄せ植えのようになっているモニュメントの下に合祀形式で納骨する永代供養墓のようなタイプもあります。合祀形式を選んだ場合かなり割安での樹木葬となることから、できるだけ費用をかけずに永眠の地を得たいと考えている人に選ばれやすくなっています。

樹木葬のメリット

樹木葬は同じ自然葬でも海に散骨する海洋葬と違ってお墓参りに訪れる先があるという点で、従来の墓地の感覚に近く、高齢の人でも感覚的に受け入れやすい面もあります。ガーデニング霊園のように一見墓地には見えないような、景観の良い明るい雰囲気を持った樹木葬区画や専用の霊園は、今後も増えて行くことが予想されています。