葬儀の種類

火葬のみの直葬で葬儀費用を抑える人が増えてきているって本当?

直葬が一番費用を抑えた葬儀

最近では直葬といったお葬式の形を耳にする機会は増えてきました。

直葬は費用を抑えることができるっていうけど、どんなことをするのか。どんなメリットやデメリットがあるのか。どんなことに注意しなければいけないかなどをわかりやすくまとめてみました。

直葬はなぜ費用を抑えることができる?

直葬の流れ

直葬とは、お通夜や告別式を行わずに、火葬のみを行う形のお葬式です。そのため、火葬式と呼ばれることもあります。

一般的なお葬式と比べて運搬費用と火葬費用のみで済むので非常に安価に抑えることができます。

直葬費用の相場は20万~30万

一般葬の費用は130万程度に対して、直葬の費用は20万~30万が相場です。

なかには直葬10万円!と謳っている葬儀社などもありますが、その場合は必要なサービスや物などの費用が含まれていない場合があるので注意が必要です。

直葬のメリットとデメリット

直葬のメリットとデメリットについてまとめています。

直葬を考えている方は要チェックです。

直葬のメリット

直葬のメリットは大きく分けて2点です。

  • 費用を抑えることができる
  • 参列者への対応が不要

費用を抑えることができる

前述のとおりに、直葬の一番のメリットは費用を抑えることができるということです。

一般葬をひらく余裕はないけど、葬儀をしなければいけない。そういった方に選ばれています。

もし、直葬をする余裕もないといった場合には葬祭扶助という国からの補助金を受けることもできます。ですので、葬儀ができないといったことはありません。

ただし、葬祭扶助を受けることができるのは生活保護を受けていたり、同居の親族で葬儀を行う人がいないなど条件は甘くはないので注意しましょう。

まずは自治体窓口や社会福祉事務所で相談してみましょう。

参列者への対応が不要

直葬はお通夜や告別式を行わないので、参列者への気遣いや挨拶を考える必要がありません。

また、香典のお返しなどの葬儀後に行う手続きも少ないために負担が少ないのがメリットです。

直葬のデメリット

直葬にはもちろんデメリットもあります。しっかりとデメリットも理解しておきましょう。

  • 菩提寺の場合はトラブルになる可能性
  • 周囲から避難される可能性がある
  • 取り扱ってない葬儀社もある

菩提寺の場合はトラブルになる可能性

菩提寺(ぼだいじ)があるならば、事前に事情を説明しておかないとトラブルになる可能性があります。

菩提寺には、個人供養のためにさまざまな作法があり、その作法に則ってお葬式を行わなければ納骨を断られるケースなどもあります。

菩提寺とは

先祖代々のお墓のあるお寺のことです。
生前から付き合いがあるお寺がある場合は、しっかりと連絡をとって納骨ができるのかを確認しておきましょう。

周囲から避難される可能性がある

直葬(火葬式)は有名になってきましたが、まだまだ異例扱いされています。

親族に対してしっかりと理解を得ておく必要があったり、葬儀に参列したいといった方に配慮する必要などがあります。

取り扱っていない葬儀社もある

直葬は一般葬とは形式が違うために取り扱っていない葬儀社もあります。

もし、どこに相談すればいいかわからないといった場合は当サイトから申し込まれているサービスを紹介していますので参考にしてみてください。

>>お金のかからない葬儀【格安葬儀ナビ】

直葬(火葬式)の詳しい流れ

直葬の詳しい流れ

直葬の詳しい流れについて紹介します。

①臨終

病院で亡くなった場合、死亡診断書を発行してもらいます。その時に葬儀社を紹介してもらうことがありますが、決めている葬儀社がある場合は断るようにしましょう。

自宅で亡くなった場合は、警察に連絡して事件性がないかを確認してもらう必要があります。

②お迎え・安置

ご遺体は法律によって亡くなってから24時間は火葬できない決まりになっています。なので、ご遺体を安置できる場所に搬送する必要があります。

病院の霊安室で安置できる時間は短いです。ご自宅にスペースがある場合はご自宅に。ない場合は葬儀社の安置施設に搬送することになります。

③納棺・出棺

ご遺体を棺に納めることを納棺(のうかん)といいます。大切な儀式ですので、できるだけ遺族全員が集まって参加することが望ましいです。

死装束や、故人が生前に愛用していた服を着せて納めます。その時に棺に故人が好きだったものや花などの副葬品も一緒に入れることができます。ただし、遺体と一緒に火葬されるため、燃えないものなどは入れることができません。

棺を霊柩車に乗せるといよいよ出棺です。

④火葬

出棺後、火葬場に運ばれるといよいよ最後のお別れです。

火葬には火葬許可証が必要になります。事前に市区町村役場で発行することを忘れないでください。葬儀社に預けておくと忘れる心配もないので安心です。

火葬には40分~2時間前後かかるので、控室で待機します。

⑤骨上げ

骨上げは収骨、骨拾いなどとも呼ばれます。

骨上げは2人1組で行い、それぞれが箸をもって1つずつ骨を骨壺に納めていきます。

足の骨から上半身の骨といった順番に骨上げをして、最後は故人と最も血縁の深い人が喉仏の骨を納めます。

関東ではすべての骨を納めますが関西では一部の骨のみを納めるのが一般的です。