葬儀の種類

市民葬や区民葬ってなに?どんな葬儀内容なの?

人が亡くなったら葬儀を行うことが多いですが、現在では自宅で行うよりも、葬儀会社に依頼をして棺を用意してもらったり会場をセッティングしてもらうことが一般的になっていました。しかし葬儀会社に依頼をするとまとまった費用がかかることから、もっと安く葬儀を済ませたいと考える人が増えました。

日本は高齢化社会で葬儀については大きな課題になっていましたから、自治体が葬儀会社と連携して費用を安く抑えようとするサービスを提供するようになったのが、市民葬や区民葬です。

市民葬や区民葬は費用が安い?

自治体が連携をしているので、公営の式場や公民館を使用することができるようになったことで、葬儀費用を安く抑えられるようにしました。公営の会場が使用できるので施設利用料が安くなるものの、葬儀会社も連携をしているので質の高いサービスを受けられることが特徴です。

市民葬や区民葬は、宗教や宗派には全くこだわらず、その自治体に住んでいる人、もしくは喪主をする人がその自治体に住んでいれば誰でも利用できることになっています。葬儀会社に依頼をするよりも、市民葬や区民葬を依頼するほうが安いのですが、詳細な料金は自治体が決めた水準になっているので事前に調べておく必要があります。

注意するべき点

またサービス内容についても把握しておかなければ、追加プランを利用すると別料金が発生することもあるので注意が必要です。そして市民葬や区民葬は、公営の施設で通夜式や葬式を行うことになるので、会場の広さが限定されている可能性があります。家族葬などの小さなお葬式をしたいときには向いていますが、参列者を多く招きたいと考えているときは会場の収容人数を超えてしまうことがあるので注意が必要です。

市民葬や区民葬を選びたいときは、死亡届を自治体の役所に提出しますが、そこで申し込みをすることができます。それぞれの自治体が提携している葬儀会社の中から選ぶことになりますが、家の近くにある葬儀会社が提携をしていないこともあるので確認しましょう。