葬儀の種類

密葬ってなに?

最近では、著名人の訃報に関して密葬という言葉がよく聞かれるようになってきました。しかし、言葉としてはよく耳にはするものの、一体どのようなものかをはっきりと理解している方はそれほど多くはないかもしれません。

簡単に言うと、親しい間柄にある方のみで執り行なう比較的小規模な葬儀のことです。実際に、著名人だけでなく一般の方々の中でも密葬を選ぶ方が多くなっていると言われています。

まずは、密葬で行なう葬儀の流れについてきちんと理解しておく必要があるでしょう。もちろん一言で密葬と言っても、家族葬の形式と火葬式もしくは直葬という形式とでは、葬儀の流れが違ってくるものです。

例えば、家族葬という形式での葬儀の場合は通常の葬儀と同じで、亡くなった場所から安置専用施設や自宅まで遺体を搬送し、通夜式の当日まで遺体を安置します。その後納棺、通夜式を行ない、通常は翌日に告別式と火葬を行なう流れとなっています。

それに対して、火葬式もしくは直葬の形式を選ぶ場合であれば、通夜式や告別式を準備する必要がなく、納棺の後に火葬するといった流れになるでしょう。このように密葬を選ぶなら、一般の葬儀と比べて費用を抑えることができますが、ここでは気になる密葬の相場について取りあげてみたいと思います。

まず一般的な葬儀の場合、合計でかかる費用として約200万円前後が相場であると言われているのに対して、密葬の場合半額や4分の1程度に抑えられるケースが多いと言われているのです。

つまり、50万円から100万円が相場であるというわけです。基本的に言って、密葬では参列者が少なく、飲食にかかる費用や他の必要な費用がかなりの程度削減できるため、相場が低くなっているというわけです。

もちろん先ほど取り上げた家族葬の形式にするか直葬の形式にするかによっても相場は異なります。直葬の場合、通夜式や告別式などが省略されていてシンプルな分、費用を安く抑えることができると言われています。