葬儀に関する豆知識

お葬式のマナーってどんなことを守ればいい?

意外と知らないことが多い葬式のマナー。宗派や地域性、そのご家庭の習慣などにより微妙に異なってきますが、仏式のお葬式で失礼に当たらないための一般的なマナーを紹介していきます。

一番大事なのは服装

葬式のマナーで最も気になるのが服装です。以前は喪服が当たり前でしたが、最近では喪服だけでなく、略式のブラックスーツや黒のワンピースを着用する人も増えてきています。なお、シャツは無地の白、ネクタイも無地の黒になります。アクセサリーについては白のパールが基本となります。

この辺りは多くの人が知っている基本的なマナーとなりますが、気をつけたいのが靴のマナーです。

男性の場合、基本は内羽根のストレートチップになります。特に中高年の方の中には喪服にローファーを履いているのを目にしますが、ローファーはカジュアルなタイプの靴なので厳密にはマナー違反になります。

また、穴飾りの多い靴やUチップ、スクエアトゥなど装飾性の強いものも避けましょう。なお、革は殺生をイメージさせるので革靴は良くないとされますが、男性の場合は一般的な革靴でも問題ありません。しかしクロコダイルなど派手なものはマナー違反です。

女性の場合にはパンプスが一般的ですが、ヒールが高すぎたり細すぎたりするものは避けた方が無難です。また、金属の飾りがついたものは葬式の場にはふさわしくありません。

持ち物のマナー

次に葬式に持参するものですが、まずは香典です。香典は裸のまま持っていくのは失礼にあたるので、グレーや藍色のふくさに包んで持参します。他にも数珠や無地のハンカチも必ず携帯しましょう。

なお、お葬式の遅刻は厳禁です。また、よほど親しい間柄でない限りは式場で遺族に挨拶をするのは控えます。

なぜなら、葬式に参列したことがすでに弔意となるからです。仮に故人と親しかった場合にも、挨拶は手短にしましょう。特に亡くなった際の経緯を聞くのは遺族の悲しみを助長させることにもなるので、絶対に控えなければいけません。葬式の参列は急に決まることもあるので、普段からマナーを確認しておく必要があります。