葬儀に関する豆知識

葬儀の供花ってどうすればいいの?

不幸があって葬儀が行われる時には供花(きょうか)といわれ、故人に供えるお花を送ります。供花は親族や故人と親しい親交があった友人などが贈るようになります。

しかし、住んでいるところが遠くてお葬式に参列できないという場合などに気持ちに代えてお花を贈る場合もあるのです。

さらに、このお花を贈る習慣は祭壇や会場を飾るといった意味などがあるため、贈った人の名前や親戚一同といったように書かれます。

供花を贈る時にはマナーがありますので、そのマナーを守って贈るということになるのです。基本的にはお花を故人に送る場合、お悔やみの気持ちを表現するために贈るのです。

例えば、家族葬などが行われる場合で家族などが香典を辞退した時に、香典の代わりに贈られることなどもあるのです。供花をはじめ葬儀で用いられる時は基本的には白をベースにしたお花が贈られるのですが、昨今ではあまりこうした点にとらわれず、故人が好きだったお花などを贈ることも多くなっているといわれています。

供花の費用やお返しについて

お供得用のお花の代金は、参列した日に葬儀社に支払うか、後日振り込みを行って支払うということが一般的といわれています。

その相場は、一基が約7500円から15000円位だといわれています。一対という形で贈る場合はその15000円から30000円くらいだといわれています。多いのは一対20000円のお花といわれていますので、相場は大体20000円といえます。

お花をいただいた時には、お返しは基本的には必要ないといわれます。しかし、できるだけ早くお礼状を出すようにするのがマナーといわれているのです。そして、お返しを贈りたいという場合には送られたお花の代金の3分の1から半分位を目安に送るということになるといえます。

贈る品は石鹸やお茶、お菓子などで使ったり食べたりすると消えてなくなるもなどを贈る場合が多くなっており、その他にタオルやハンカチ等の品物もよく贈られているのです。