葬儀の種類

家族葬とは?費用やよくあるトラブルをわかりやすく解説!

家族葬で落ち着いてお別れを

近年、家族葬と呼ばれるお葬式が増えてきています。会葬者も高齢化しているために、あまり人数が集まらなかったり、遺族の費用負担を軽くしたいという親世代の思いがあるのが理由です。

家族葬とはどのような葬儀なのか。またメリットやデメリットはどのようなことがあるのか。家族葬でよくあるトラブルなどをまとめているので紹介します。

家族葬とは小規模なお葬式

家族葬とは、その名前の通り家族や親しい間柄の人のみの参加を基本とした小規模なお葬式です。

規模が小さいために一般的なお葬式と比べて費用を抑えることができます。

故人が自分の家族や弔問する人に負担をかけたくないという思いから、生前から家族葬に決めているという方も多いです。

家族葬の費用は50万円~100万円が相場

家族葬が費用が安いといっても一般葬と比べると安いだけで、想ってる以上に高いと思われる方も多いです。

家族葬は葬儀社によって独自のプランを持っており、費用は様々です。

家族葬のプランを選ぶときの注意点

葬儀社の家族葬のパックを選ぶときに注意しなければいけない点がいくつかあります。

  • 会葬者の人数により大きく費用が変わる
  • プランに含まれていない費用が必要な場合あり
  • 家族葬でもしっかりと連絡は必要

会葬者の人数によって費用が大きく変わる

まず、家族葬は会葬者の人数によって値段が大きく変わります。少人数の家族だけで行う場合はよいですが、親戚や親しい方の人数が多くなると思った以上に高くなることがあるのでしっかりと見積もりの時に人数を伝えるようにしましょう。

プランに含まれていない費用が必要な場合も

100万円以下でパック化されている家族葬のプランに関しては、プランに含まれていない費用が必要な場合があります。(例:香典返し、初七日法要、お寺や僧侶へのお布施など)

家族葬でもしっかりと連絡は必要

家族葬でも、故人の友人、知人、仕事先への逝去の連絡は必要です。その時に、①家族葬であること、②会葬を遠慮していることを必ず伝えるようにしましょう。

家族葬のメリットやデメリット

家族葬のメリットやデメリットに関して紹介していきます。

家族葬を考えている方はしっかりと確認しておきましょう。

家族葬のメリット

  • 費用や手間を抑えることができる
  • 遺族のこだわりのお葬式にできる

これらの家族葬のメリットについて解説していきます。

費用や手間を抑えることができる

家族葬は会葬品や料理も少なくて済みます。また、別館のようなコンパクトな場所でできること、祭壇なども小さなものを選ぶので全体の費用を抑えることができます。

また、参列者も大半が身内のため弔問者への対応が少なくなります。身内だけなので気を使わなくてよく、葬儀の手間も抑えることができます。

遺族のこだわりのお葬式にできる

家族葬のメリットとして、こだわりのお葬式にできるという点もあります。

たとえば、故人の趣味に関するものを斎場に飾ったり、故人が好きだった食事を用意したりするなどです。

また、身内でのお葬式なので故人とお別れの時間をしっかりと取ることもできます。

家族葬のデメリット

  • 香典を期待できないので一般葬より高くなる可能性もある
  • 葬儀後に弔問が多発することがある
  • 親族からクレームがくることもある

これらのデメリットについて解説していきます。家族葬を行おうと思っている方はしっかりと確認してください。

香典を期待できないので一般葬よりも高くなる可能性もある

家族葬は会葬を遠慮するので、香典収入が期待できません。結果として一般葬よりも高くついてしまう可能性があります。

メリットとデメリットが表裏一体になっているので難しいところです。

葬儀後に弔問が多発することがある

亡くなったことを耳にされた方が葬儀が終わってから個別で弔問に来られることがあります。慕われていた方や、友人などが多い方の場合は特に多発することがあります。

親族からクレームがくることもある

親族、特に年配の方には家族葬ということを理解していただけない可能性があります。

その場合は、しっかりと故人の意思であるということを伝えて理解を得るようにしましょう。

家族葬には参列者はどこまで呼べばいい?

家族葬という名前ですが、声をかける範囲に決まりはありません。絶対に家族だけでないといけないといった決まりはありません。

基本的に家族葬に呼ぶのであれば、生活を一緒にしていたご家族、普段から交流のあった親戚くらいの規模の方が多いです。

しかし、家族ぐるみで付き合いをしていた方、故人と特に仲の良かった方などを呼ぶこともできます。

しかし、呼ぶ人数が多くなればなるほど費用や手間も増えてきます。