葬儀の種類

無宗教葬(自由葬)とは?

無宗教葬(自由葬)とは、宗教儀式を行わないお葬式のことです。

伝統的に日本で行われることが多い葬儀は仏式で、通夜や告別式では菩提寺の僧侶がお経を唱えます。神式であれば神職を呼んでお祓いをしてもらったり、玉串を奉げるなどの儀式を行います。キリスト教式であれば牧師や司祭が話をしたり祈りをします。

これらに対して無宗教葬では、僧侶や牧師などの宗教者を呼ばずにお葬式が進められます。無宗教葬(自由葬)では宗教儀式の代わりに故人の略歴紹介や弔電の紹介、献花や音楽の演奏などが行われます。

最後に出棺を行い、火葬施設に向かって移動をして終了です。

無宗教葬(自由葬)のメリットとデメリット

メリット

無宗教葬(自由葬)のメリットは、僧侶などの宗教者を呼ばないのでお布施を負担しなくても済むことです。

宗教儀式を行う場合にはどうしても避けて通れない出費がありますが、無宗教葬ではお葬式の内容の選び方次第で費用を節約することが可能です。

無宗教であれば自由度が高く、故人が生前に希望していたようなお葬式ができます。故人の遺志でジャズやロックなどの音楽を流したり、カラオケ大会をしたというケースがあります。

デメリット

逆に無宗教葬(自由葬)のデメリットは、決まった方法というものがないのでお葬式で行う内容を全て考えなければならないことです。仏式葬であれば僧侶が読経をしたり焼香をするなどの基本的な形が存在するので、お葬式で行う内容を考える必要はありません。

これに対して無宗教葬には形式というものが存在しませんし、読経や焼香が無いのでこれらの代わりに行う事を考えなければなりません。従来の方法のお葬式から宗教儀式を省略すると挨拶だけで終わってしまうので、穴を埋めるために音楽の演奏などを行うケースが多いようです。

これに加えて、無宗教でお葬式を行うと戒名を付けてもらうことができないので、菩提寺のお墓に埋葬をすることができません。遺骨は公営墓地や宗教不問の自然葬墓地などに埋葬をするか、海洋葬(海洋散骨)などを選択する必要があります。