葬儀に関する豆知識

葬儀費用には実は補助金制度があるのを知ってる?

家族が亡くなれば悲しみに浸る日間もなく葬儀の準備をしなければいけません。

でも葬儀費用は決して安いものではなく、火葬だけを行う直送を選ぶ人が増えてきます。そこで知っておきたいのが葬儀費用として貰える補助金です。

補助金の種類

どのような種類があるのかというと、国民健康保険に加入している人に対して自治体が支払う葬祭費と社会保険に加入している人に組合健保や協会けんぽが支払う埋葬料、共済組合に加入している人に対して支払う埋葬料、後期高齢者医療の被保険者が対象となる葬祭費などがあります。

補助金の金額

補助金の金額は支払いをする自治体や団体によって変わってきますが、金額害小さいところで1万円くらい、多くても5万円が目安です。一般的な葬儀の平均費用は百数十万円ということで、さすがにそこまでの費用を補助金だけで賄う事はできませんが多少は負担が軽くなるのは確かですし、家族葬など規模を小さくすれば自己負担分も抑えられます。

補助金を受ける場合の注意点

ただし、これらの補助金は加入者が死亡すると自動的に支払われるわけではありません。国民健康保険であれば役所の窓口に申請をする人の印鑑、預金通帳、個人の保険証、葬儀費用の支払いを証明する領収証などのコピーなどを用意して手続きをします。

それぞれに請求期限がありますから、その期間内に必要な書類を揃えて申請しなければいけません。それから保険料の未納・滞納があると補助金はそちらの支払いに充てられます。事故の賠償を受けたり、別に加入していた保険から補助金が出るときにも支払いは行われません。

ですから、葬儀費用で困っているからといっても、必ずお金が貰えるとは限りません。その点は注意しておきましょう。

経済的に困っているということでは生活保護受給している人が葬儀費用を必要としてるときも補助金の対象となります。しかし生活保護受給者自身の葬儀で、葬儀を執り行う人が生活保護受給者ではないときには対象から外れることもあります。自治体によって対応が変わるので、申請出来るかどうかを役所の窓口で相談したほうがいいです。