葬儀に関する豆知識

葬儀費用の平均っていくらくらいなの?

葬儀費用の平均を出すというのは、とても難しいことになります。というのは、お金をいくらでも掛けたいとか、掛けるのにためらいがない人たちは、とても想像できないほどの金額で葬儀を営みます。

わかりやすく言えば、芸能人とか資産家、地方の名士などということになるでしょう。平均というとそういう人たちの数字も入って来るので、参考にしたくても参考にならないというわけです。

したがって相場の平均を求めるよりも、一般的にはいくら位かかるものかを知っておく方がいいでしょう。

一つの目安としては100万円という数字があります。もちろん有名な葬儀場ということではなく、どこにでもある一般的な葬儀場で、お通夜と告別式を営むというケースになります。

お経をあげていただくお坊さんの費用やお骨を埋葬する費用なども含みます。お清めの席や香典返しの費用も計算に入っています。

因みに、お香典でいただくお金の計算は除外しての金額となります。ということですが、それぞれ増やすことも減らすこともできます。

例えば、祭壇にしても葬儀屋さんがいくつかのグレードを提示するので予算との兼ね合いで選ぶのです。香典返しもそうですし、お清めの席も、品物や用意する飲食物などでも金額は変わります。

お坊さんについてもお1人で読経してもらうか、複数の人にお願いするかでも変わるのです。これらのことは、葬儀屋さんが見積もり段階で教えてくれるので、ご家庭の事情で選べばいいということになります。

強いて言えば、心が平静でない状態での選択ということになり、ともすると増額方向になりがちなので、あらかじめ信頼できる親戚や友人にそばで助けてもらうのが一番でしょう。

もう一つ最近では家族葬とか、シンプルな葬儀も行われるようになって来ています。そうなると30万円以下ということもあり得ます。中にはお通夜はなしとか、清めの席もなし、お坊さんの読経もなしというような葬儀の形式もあるのです。