葬儀に関する豆知識

粉骨をして海洋散骨をする人も増えてきている。

現在では、生前に自身が死んだ後のことを選択できる風潮になってきており、火葬を行った後は粉骨をして海洋散骨を希望する人が増えています。

遺された家族がこの遺志を受けて、専門に行っているところへ依頼をし粉骨がなされて海洋散骨で海へと故人が還っていくことになるものです。希望する人も増えてきているため、海洋散骨に対応しているところもいくつかありますから、お探しの方は見つけることができるでしょう。

その際には、トラブルに巻き込まれないように信頼できるところへお願いするための一つとして、国土交通省へ散骨業務をするための許可が得られているかどうかを確認されることをおすすめします。粉骨をし海洋散骨に対応しているところによってプランの内容に多少の違いがみられますが、たとえば遺された家族が遠方で行けない方のために代行で散骨するポイントまで行って、その時の様子を撮影して家族に渡してくれるというプランを提供しているところがあります。

それから、家族のみが乗船したり他の遺族と乗船するという形のプランもあって選ぶことができるものです。

海洋散骨の流れ

海洋散骨の流れはといいますと、遺骨を預けて契約をしたなら粉骨をしてくれて日程調整が行われるといいます。粉骨された遺骨は特別な袋に入れられてから海へと還されて、その時には故人が好んでいた飲み物やお花を海へ捧げることも可能となっています。最近では、お墓を管理する人がいなくて墓じまいをされる方が多くみられるものですし、火葬をした後の選択肢がいくつかあって生前にこのことを真剣に考えた結果として、粉骨をして海洋散骨という方法を選ぶ人が増えてきています。

これまでお葬式をした後はお墓に入ることが主流でしたけれど、これからは火葬を行った後に海洋散骨を行うところに依頼をし遺骨を粉骨した状態にして、海へと還る方法を選ぶ人が増えていくことでしょう。その際には、信頼できるところへお願いすることが大切です。