葬儀に関する豆知識

お葬式にはどんな服装で行く?持ち物は何が必要?

お葬式での服装に関しては、遺族の方々と一般会葬者の方では違いもあると思われます。

遺族の場合では葬儀が終るまでは喪に服すことになり、会葬者は遺族の方々に失礼のない服装が必要です。

最近の傾向として喪主を含め遺族の方々は略式の喪服姿が目に付くようなりました。ブラックスーツの着用が増えていますが、故人の人から三親等までが喪服を着ることが多くなっています。

これが社葬と言った盛大な葬儀になる場合では、喪主になれた方が男性の時はモーニングの着用など正式な喪服となることが一般的となっています。紋付羽織はかまと言う姿も正式な喪服と言って良いのですが、少なくなっているのが現状です。

女性の場合では、黒着物になるか洋装ならば黒を基調としてワンピースとかアンサンブルが多くなっています。一般会葬者においては黒のフォーマルスーツもしくはダーク系のスーツ着用で、黒ネクタイとなります。

女性の場合は、黒系のフォーマルスーツ又はワンピースが一般的です。また万が一急な場合においては、平服でも構いませんが派手な服装にならないようにすべきです。

お葬式の持ち物

持ち物としては、数珠を忘れないことが大事なことになります。数珠には本式数珠と略式数珠があるのですが、意外と知られていません。

本式数珠は宗派の正式な数珠となることから、宗派が違う葬儀には略式数珠の方が無難とされています。男性は大きな数珠を使い、女性は小さめな数珠を使うことが多くなります。更には時計やアクセサリーは派手なものは避けるようにする上、ハンカチは白を基調としたものが良くなります。

女性の場合では、アクセサリーに真珠などを使うことが多くなっています。ハンカチでは白に限らず、花柄の人も増えて目に付くようになりました。その他では靴は黒を選ぶようにして、茶色などの派手な色は避けるようにします。黒が無理な場合においては出来るだけシンプルな色合いとし、ワイシャツは白でベルトは黒とすべきです。