葬儀に関する豆知識

お葬式やお通夜に出れない場合はどうする?

不幸は突然訪れますので、生前お世話になった方でも、こちらの事情でお通夜・お葬式いずれも参列できないときがあります。

このようなときは参列できない旨を簡潔に遺族に伝え、後日などにそれなりの対応をしましょう。対応でまず考えるのは弔電です。通信機器が発達した今でも、お悔やみを伝える手段として多く利用され、最近では線香や押し花などと共に送る電報もあります。

早い手配がいいのですが当日の配達も可能ですので、お葬式が始まる日の早い時間までに打つようにしましょう。お通夜・お葬式どちらも出れないとき、電報を打つのもいいのですが日本郵便株式会社が行なっているレタックスを利用する方法もあります。

午後の3時半までに申込めば、当日中の配達ができます。費用は電報が文字数で決まるのに対し、レタックスは枚数で決まりますので直筆のメッセージやイラストなどを送ることができます。

しかし気軽に送れる方法だからと、文面に忌み言葉は使用しないよう注意が必要です。

お供えの花を贈る方法もあります。担当する葬儀社に連絡し、供花を贈りたい旨を伝えます。あとは葬儀社の指示に合った方法をとればいいです。

一番丁寧な方法は代理人を立てる方法で、代理人は故人と直接面識がなくても問題ありません。このとき香典も代理人に渡しておき、遺族に届くようにします。香典は現金書留で送ることも可能で、香典袋に表書きを書き、封筒に入れて渡すことになります。

お通夜・お葬式どちらも出れない場合は、後日改める方法もあり、お悔やみの手紙を送る方法と弔問する方法があります。お悔やみを送るときは参列できなかったお詫びなども書き添えると丁寧です。

また進物用のお線香を送る場合もあります。弔問に行く際は、事前にその旨をお伝えし、遺族の予定を確認しておきましょう。役所に行って手続きをしたり、遺族は何かと忙しいことが多いからで、なるべく遺族の負担にならないよう、最大限の心配りをしたいところです。