葬儀に関する豆知識

病院で亡くなった場合はどうやって手続きをする?

入院中や不慮の事故などが原因で、大切な人が病院で亡くなるといったケースは少なくないと言われています。

そのような場合に、一体どうやって手続きをしたらよいのでしょうか。

まず、病院で死亡が確認されると医師はその死亡を宣告し、その後死亡診断書を用意することになっています。一般的に言って、死亡診断書の作成には5,000円から10,000円ほどの料金がかかります。

ここで作成される死亡診断書は死亡届と一緒に一枚の用紙になっており、大変重要なものと言えます。なぜなら死亡届を役所に提出して初めて故人の火葬許可が下りるからです。

この死亡届と死亡診断書は、葬儀後の手続きの際にも必要となる場合があるため、原本を提出してしまうのではなく、何枚かコピーをとっておきましょう。

病院で家族や身近な人が亡くなった場合、看護師が故人の体を綺麗に拭き清めてくれることになっています。目と口を閉じ、アルコールを含ませたガーゼなどを使って全身を拭いて清潔な状態にしてくれるのです。

こうして遺体の処置をした後は、衣服を整えて身繕いをすることになります。遺体の処置が済んだら、遺族は死亡診断書を受け取って退院の手続きを行ないます。

その際、入院期間中にかかった全ての支払いを済ませ、お世話になった医師や看護師の方々にお礼をお述べるためにナースステーションに顔を出すことができます。特にお世話になった方に対しては、葬儀の後に日を改めて挨拶に伺うのも丁寧で良いと思います。

病院で亡くなった方の遺体を搬送するための霊柩車などを手配する必要もあります。自分で葬儀社に依頼して病院まで来てもらうこともできますし、病院と提携している葬儀社に来てもらうよう手配をお願いすることもできます。

このように愛する人が病院で死亡した場合に、遺族は大きな悲しみを感じながらも多くの手続きをしなければなりませんので、大まかな流れを知っておくのはよいことでしょう。