葬儀の種類

1日葬(シンプル葬)とは?よくあるトラブルやデメリットも紹介

一日葬でお別れの時間を大切に

一日葬(シンプル葬)とはどんな葬儀?

一日葬の流れ

一日葬(シンプル葬)とは、お通夜をせずに葬儀・告別式・火葬をする葬儀の形です。中には告別式もせずに面会のみで遺族のお別れ会を済ますこともあります。

一日葬の相場は30~40万円程度

一日葬はお通夜をしないので一般葬と比べても費用を抑えることができます。

葬儀社によって費用は変わってきますが、大体30万円~40万円程度になってきます。

一般葬は負担が大きくてできないけど、直葬では心苦しく小規模でもしっかりと送りたいといった方が一日葬を選ばれる方が多いです。

しかし、一日葬を取り扱っていない葬儀社もあるので、注意が必要です。

一日葬のメリットとデメリット

一日葬のメリットとデメリットについて紹介していきます。

一日葬を考えている方はしっかりとチェックしてください。

一日葬のメリット

一日葬の大きなメリットは2点あります。

  • 1日で終わるので負担が少ない
  • 故人と過ごす時間を確保できる

1日で終わるので負担が少ない

1日葬は時間が短い分、遺族や参列者の負担が少なくなります。

時間的な負担はもちろん、宿泊費や飲食などの費用の負担、精神的な負担も少なく済むのが大きなメリットです。

故人と過ごす時間を確保できる

お通夜を行う場合は準備にとても時間がかかります。一日葬の場合はお通夜の準備などをする必要がありません。また、直葬のように葬儀・告別式を省略しないので故人と過ごす時間を確保できるのもメリットです。

一日葬のデメリット

  • お通夜をしないので弔問しづらい
  • 式場費が2日分かかる場合もある

お通夜をしないので弔問しづらい

一般的なお葬式の場合、会葬者はお通夜に弔問に来られます。そのお通夜を省略するということは会葬者を招きづらいといったデメリットもあります。

基本的に、一日葬は遺族だけで行う葬儀という考えです。

式場費が2日分かかる場合も

式場を借りる場合、式場費はお通夜がないので1日分でいいのでは?と思われるかもしれませんが、前日から準備をする場合は2日間借りることになります。

葬儀社によっては式場代が2日分かかる場合もありますので、しっかりと確認するようにしましょう。

一日葬を行う場合の注意点

一日葬を行う場合、少し注意しなければいけない点があります。

  • 菩提寺がある場合、事前に相談しておこう
  • 親戚の理解を得られないトラブルもある

菩提寺ある場合、事前に相談しておこう

菩提寺(ぼだいじ)がある場合は一日葬を行う前に相談をしておきましょう。

菩提寺によっては一日葬は正式なお葬式ではないとされて納骨を断られる場合があります。

親戚の理解を得られないトラブルもある

『父が生前、「お葬式はやらなくていい」と言っていたので儀式を省略した一日葬を行った。すると、葬儀後に叔父から「父親を軽視している!」と言って責められてしまった。』

このようなトラブルも実際に起こっています。一日葬を考えている場合はそういった点にも注意して行うようにする必要があります。

一日葬の詳しい流れ

一日葬の詳しい流れ

一日葬の詳しい流れについて紹介していきます。

①納棺

遺体を整えて死装束や生前愛用していたに着替えを行い、棺に納めます。

この時に故人が好きだった物や花などの副葬品を一緒に入れることができます。ただし、火葬するので燃えないものや危ないものは入れることはできません。

②葬儀・告別式

基本的に親族のみで告別式を行います。

一日葬では葬儀は行われませんので注意してください。

③繰り上げ初七日法要

繰り上げ初七日法要とは、本来は逝去日から数えて7日目に行う法要を葬儀終了後に行うことです。

これは、後日に再度親戚が集まるのが困難という理由から葬儀終了後に行うことが多くなってきました。

地域によっては、火葬後に行ったり、状況によっては行わないこともあります。

④出棺

出棺の際は、位牌・骨箱・遺影写真をもっていきます。

火葬場に到着したら、火葬許可証を提出して霊柩車から棺をだします。

⑤火葬

出棺後、火葬場に運ばれるといよいよ最後のお別れです。

火葬には40分~2時間前後かかるので控室で待機しましょう。